改葬が多くなっている実態

近頃は、夫婦に子供がいなかったり、未婚のまま子供がいる家庭が多くなっていて、先祖から継承されてきたお墓を引き続き継承していくことが難しくなってきている家系が多くなっています。

そして、大学に進学するときや就職するときに実家から都市部に引越して、そのまま都市部で暮らしているという方も多くなっています。

そのことによって、遠く離れてしまったお墓を維持していったり、管理していくことが難しくなってきている家系が多くなっています。

核家族化や少子高齢化、首都圏に人口が集中するなどといった色々な要素により、継承する人がいない無縁墓となったお墓が、毎年多くなってきていて、状況は深刻になってきています。



そのような悩みを解消する方法として、管理していくことが難しい遠くにあるお墓を閉めて、お参りに行ける場所にある永代供養墓に遺骨を納骨したり、お墓を撤去して管理が不要の供養方法を検討するという人が増えてきました。これらの方法を実行に移すには、改葬や墓じまいを行う必要があります。



改葬は、お墓を引越すことで、今建っているお墓に納骨されている遺骨を新しく建てたお墓などに納骨しなおすことです。


ほとんどが墓石は移さず撤去して、遺骨だけを移動させるケースとなっています。

YOMIURI ONLINEについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

改葬をするときには改葬許可証を入手する必要があります。
改葬することによって、自分の家の近くにお墓が移れば、お墓を管理しやすくなり、供養も手厚く行えて、自分自身も心が落ち着いた生活を過ごすことができます。