改葬を行う上での必要書類

複数の地域に散らばっているお墓をひとまとめにする場合、自分が生活の拠点としている地域から近い場所に埋葬し直す場合でも、永代供養墓に移す場合にも、どちらの場合でも法律に従って手続きをしなくてはいけません。


まず改葬する場合、どこで手続きをするべきなのかわからない人もいると思われます。
手続きは、そのお墓がある場所の役所で行います。

神奈川の永代供養墓情報が探せます。

窓口でその旨を説明すると、必要な書類を渡してもらえます。

自治体によって、手続きや必要書類に多少の違いがあるので、窓口の方の説明はきちんと聞いたほうがいいでしょう。

必要な書類は、改葬許可証や埋葬許可証、故人の戸籍謄本、受入証明書などです。

埋葬許可証は、墓地の方の管理者からもらうことができる書類です。
いくら身内であっても、お墓に納められている遺骨は無許可で移動させることはできません。



墓地の管理者に改葬の意志を伝えて、埋葬許可証を発行してもらうことになります。この時に墓地の管理者ともめないためには、どうして改葬をしないといけなくなったのか、お墓の管理が難しい理由などを伝えた方がいいでしょう。既存の墓地の管理者からは、承諾書ももらわないといけません。受入証明書は、新たに埋葬し直す側の墓地から発行してもらいます。役所によって墓地仕様許可証があれば不要な場合もあります。故人が死亡している事実を書類で証明することも必要です。この場合は、戸籍謄本か除籍謄本を用意すればいいでしょう。
他に改葬許可申請症も用意しましょう。

あなたが求めるYahoo!ニュースの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。