改葬のメリットとデメリット

お墓の改葬を考えているという場合、さまざまな費用がかかってくると知っておきましょう。


墓石に関する費用としては、石の種類や大きさなどによっても変わりますが、50万円~150万円程度が必要となります。

ちなみに、元の場所にある墓石を撤去をする必要もありますし、その際に20万円前後かかってくるとされています。遺骨に関する費用としては、石材店にお墓を開けてもらう作業にかかる費用と遺骨の取り出しにかかる費用、埋葬で3万円程度となります。



また、遺骨の移動に際には法要が必要となるため、1万円~5万円程度のお布施を用意しておきましょう。場合によっては事務手数料などが必要なこともあるため、合計で100万円以上の費用がかかることもあります。


改葬には多くの費用がかかることはもちろん、さまざまな手続きも必要となるため、親族の中には反対する人もいるかもしれません。

その場合は改葬ではなく他の手段で供養するというのも良いでしょう。
手元供養というのは故人の遺骨や遺灰を自宅で保管するという方法であり、遺骨や遺灰をアクセサリーに納めたり、加工してダイヤモンドにすることができます。

一流の埼玉の自然葬について詳しく書かれています。

アクセサリーにする場合は1~10万円程度、ダイヤモンドに加工する場合は40万円以上かかってきます。

産経デジタルのクチコミ情報を求めています。

散骨にするとお墓の管理が不要となるため、費用をかなり抑えることができますが、遺骨の一部や全部が失われることになるため、しっかり検討して選択する必要があります。

改葬は墓が遠方にある場合に有効な手段なのですが、しっかりと予定を立てて手続きを行っていくことが大切です。