気持ちよく改葬するには

高齢になったり、お墓が遠方だったりしてなかなかお墓参りに行けなくなってしまった、けれど先祖が眠るお墓をそのままにして無縁墓にはしたくないので、お墓を近くにもってきたいと思うことがあります。

そのような時にはどんなふうにすればよいでしょうか。

このような時、改葬をする方法があります。これには大きく二つの面から考えることが必要です。

千葉の永代供養墓関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

一つは行政機関への届け出やお寺、墓石屋への処分依頼等の公的な改葬・廃墓の手続き、もう一つは遺骨の供養等精神面でのかかわりです。改葬するには、お寺やお墓の管理者、親戚等に事前に相談の上、新たな遺骨の受け取り先を探します。新たな受け入れが決まったら、「受入れ証明書」をもらい、現在の埋葬墓地管理者からは「埋葬証明書」をもらいます。
管轄の市町村に「改葬許可申請書」を提出して許可を受けたら、新しい埋葬墓地等への改葬の日取りを決めます。
墓石屋に遺骨の取り出しとお墓の撤去を依頼しますが、当日は、遺骨を取り出していねいに供養して、お墓は更地に戻します。

最近の日本経済新聞の正しい情報はこちらです。

取り出した遺骨の整理については、近くに見つけた新しい墓苑や納骨堂へ納めます。



このときにそれぞれの宗派により僧侶、神官等に供養をお願いします。

最近は散骨や自然葬というのも希望により行われますが、どのような形にするかは自分や親戚の心の問題でもあるので関係者がよく話し合って決め、のちのちトラブルが生じないように気持ちよく済ませたいものです。