司法書士の狭き門を通るために必要なこと

司法書士は弁護士に次ぐ法律の専門資格として、第四の法曹と呼ばれる事もあるくらい法律に詳しい専門家です。

この司法書士になるには年に1度行われる国家試験に合格する必要があり、非常に難関であると一般的に知られています。

民法や会社法からの出題が多く、それらの知識を応用した不動産登記法や商業登記法がメインになります。


それに加えて憲法や刑法などの基本的な知識と理解を試す内容です。

合格率が非常に低く毎年2パーセント台です。

つまり合格する人は100人中2人か3人くらいになります。

そのため国家試験に合格するには、きちんとした対策が必要になります。
一般的には資格試験学校の講座を受講するというやり方が効果的です。

資格試験学校では実際に国家試験に合格した有資格者が講師となって講義を行っているため、法律の基礎的な知識を身に付け理解できるようになるだけでなく、試験対策として有効な学習方法も身に付きます。
この司法書士試験は受験資格などは特に設けられていないため、誰でも受験する事が可能です。

そのため大学の法学部出身者でなくても、受験可能で実際に法学部以外の学部の出身者や大卒でない人でも合格する人がいます。

国家試験に合格した後は、司法書士会に登録する事で徽章が付与される事になります。登録を行わないと国家試験に合格していても司法書士を名乗ったり、報酬を得て登記事務などを行う事ができないため、試験に合格した後は必ず登録をする必要があります。

http://www.nagasaki-kotsu.or.jp/
http://gigazine.net/news/20090408_nazi_paintings/
http://www.ehime-ankyou.or.jp/